モバイル顕微鏡とアプリ(スローモーションと切り出し)

モバイル顕微鏡は、かつては考えられなかった高性能CCDカメラや画像解析ソフトを、モバイル端末上で利用できるメリットがあります。いまや、深度合成やAIによる自動識別も可能な時代。動画を撮影してスローモーションにしたり、動画から静止画を切り出すことはいとも簡単にできます。

写真と動画は、ピロキスティス(Pyrocystis fusiformis)をモバイル顕微鏡Anatomyで撮影したもの。

最初の動画は、ピロキスティスの懸濁液をスポイトでスライドガラスに射出し、物理的な刺激を与えて発光を観察したものです。
https://lis-co.net/items/5dad9a115b61b47ffc75d8b7

次の動画は、それをスローモーションにしたもの。
https://apps.apple.com/jp/app/vbooster/id1065354746

最後の写真は、ピロキスティスの個体を針で刺激して発光を撮影した動画から切り出したものです。
https://apps.apple.com/…/%E5%8B%95%E7%94%BB%E3%…/id737565893

動画とアプリを活用すれば、動きの速い生物、持続時間の短い現象の観察・記録も容易です。

Scroll to Top